温泉日記

スカイツリーに登った疲れからか、不幸にも黒塗り高級車に追突してしまう。 後輩をかばいすべての責任を負った三浦に対し、車の主、暴力団員谷岡に言い渡された示談の条件とは…。

はい、疲れてたので近隣の温泉を調べて浸ってきました。 時間が遅めだったので本当に浸ってきただけだけれども疲れは抜けたっぽい。

ここらへんは平野だけれども温泉あっていいね。

変わったロードサイドの風景

ふつう国道だったら道路に面してお店があるじゃないですか。ロードサイドってかんじで。 今日買い物があってとあるロードサイドにあるホームセンターに行ったんですが、そこの駐車場に沿って道一本入ったところに大きめの別の店がありました。 しかもスポーツ用品店でそこそこお客さんが入ってる。 よくよく見ると国道に看板はでていたんですが、お店自体の存在はまったく分からないくらい後方に下がっていて、だけどお客さんは入っている。

不思議でした。 地元のお客さんなのかな。

Docker

ご存知のように開発マシンはMac OSXなのですが、仮想マシンを動かすのにVirtualBoxとVMware Fusionを使ってます。 で、最近はDockerを使うようにしてるのですが、基本的にダルいのが苦手なのでboot2dockerを使ってました。 で、boot2dockerってデフォルトではVirtualBoxのイメージを使うんですよね。 boot2dockerのISOイメージ自体は公開されてるのでVMware Fusionで仮想マシン作って入れればいい…って分かってるんですが、 CLIで管理したいの。 膝にGUIで管理したくない病を受けてしまっているのでどうしようかなと思っていたのがさっきまで。

なんかVMware Fusionで使えるようになってくるくさいです。 後継のDocker Machineでですけれども。

うん、これを試します。

VagrantのVMware Fusionプラグインも課金してしまったけれども、まーこれで動くならいいかー。

Veertu

仮想マシン繋がりで。

VeertuというMacネイティブで仮想マシンを実行できるものがMac App Storeでリリースされたようです。 Hypervisorフレームワークを使っているのでVMware ESXやKVM, Hyper-Vのような位置付けのものを使っているかんじ。 ここらへんはxhyveでDockerを動かしてみたことがあるくらいですが、これは課金後はWindowsも使えるようなのですごい。

ベンチやられている方がいましたね。

http://applech2.com/archives/47452224.html

お仕事使いだとネットワークトポロジも組みたいので単に仮想マシン動かせればOKというわけでもいかなくなってきているのだけれども それはDockerの中で頑張ればOKKaaayyyy!というかんじであれば選択肢としてはありっぽい。

あと何か掘ったらでてきた。 みなさん頑張ってほしいですね。

DIY!DIY!

DIYってほどじゃない。(結論)

仕事部屋に去年暮れ買った熊手が飾ってあるんですが、 いま熊手本体にビニールテープをまわして、 そのビニールテープは上のダンボールが挟んでとめている状況です。

妻から棚にクランプを付けてそこからビニールテープをまわさないかと提案を受けたのでそのようにしようと思います。(主体性がない)