温泉宿

明日からの開発合宿に先立ち別所温泉に行ってきた。 ちょっといいお値段のプランで申し込んだせいもあり、日頃うけることのないもてなしをされ挙動不信な反応をしてしまったのはいたしかたない。

この地域は以前、薬用人参の栽培が盛んだったらしい。 夕食のスープでだしてもらったけれども、ちょっとポタージュっぽくておいしかった。

ほか、食べ物の話だけれども、クルミとチーズ、マスカルポーネチーズと干し柿の組み合わせは新鮮だった。

泉質は単純硫黄泉で若干の匂いくらい。皮膚に刺激があるほどではないのでゆっくり入浴できた。

地域的に山間で静かなところだったのでノイズが少なく自分を見つめる時間をとれて満足した。

あんかけやきそば

別所線の出発駅である上田駅周辺にはあんかけやきそばが昔からある料理らしく今回気になったので食べてきた。 あんかけはやまのほうのそれ、野菜がたんと入っていて、あん自体はちょっと甘め。 そして麺は錦糸卵のように細いものを焼き固めているかんじのものでした。

好みよりかいくぶんか甘かったのだけれども、酢をまわしかけたらイケるかんじの味になり、 全部いただけました。 あと一緒にたのんだ小わんたんは普通の量くらいあった。こちらは醤油の塩気が効いてていいコントラストになってました。

別所線

鉄道むすめでした。

しなの鉄道

りんご売ってた。なぜ。